マユライズ通販で最安値を

眉毛を整えましょう・実践・・・

さて、ここからいよいよ実際に眉毛を整えていきましょう。

 

1.眉毛の流れ
眉用ブラシで眉頭から眉尻のほうに眉毛の流れをとかして整えます。
自分の眉毛の癖を知りましょう。(利き腕の逆側から行います。)

 

2.ライン
自分の描きたいラインを描きます。(STEP2)を参考にしましょう。
しっかりと、自分の描きたいラインをイメージしてください。

 

ペンシルで眉頭・眉山・眉尻のポイントに 軽く印をつけ、それらを結んで基本となるラインを描きます。
眉頭側を太く、眉山を越えてからは細くなるように、眉毛のラインを整えます。
ラインがわかる色のペンシルで描いてくださいね。

 

3.カット
ラインができたら、はみ出た部分をカットします。
ここでは、「カット」か「剃る」か「抜く」か3つの方法のどれかで行います。
”眉毛の整え方・準備編”にあるそれぞれの特徴から自分に合った方法を選びましょう。

 

カットしたり抜いたりする毛はあくまでもラインから「毛穴」がはみ出て生えている毛のみで、
毛先だけがラインをはみ出してる毛は抜かない様にして、抜きすぎに注意しましょう。

 

4.毛足
ここまでで、眉毛の形はだいたいできました。次に眉毛の毛足をそろえましょう。
”眉毛の整え方・準備編”にあるように、
クシは「眉頭から眉山までは、上向きに」「眉山から眉尻までは、下向きに」とかして、
軽くあてがい、クシからはみ出した毛先をはさみでカットします。

 

眉毛の毛足の短い方から始めると眉毛の毛足が同じになりやすいです。
顔の横から鏡を見て毛足をチェックしましょう。
切りすぎに注意してください。

 

5.仕上げ
上記に記述したように、
ペンシル、パウダー、マスカラ、シャドーを上手に使いましょう。

 

眉を描き始めるときは、ペンシルで眉頭の少し眉山よりから始めます。
眉頭から眉尻にかけて隙間を埋めたり、ラインや眉尻の流れを整えます。

 

まずは薄い色で全体の形を下書きして、 濃い色を描き足すのがよいでしょう。

 

ソフトに描きたいところはシャドーやパウダーを使い、ラインを意識して描きたいところはペンシルを使うなど、
いろいろ組み合わせることで自然な眉が描けます。

 

元々の眉毛は、中央が濃くて、回りが薄いので、眉頭と輪郭をぼかすと自然の感じが出ます。
「ぼかす」には、ペンシルに力を入れすぎないで、軽く少しずつ描き足す感じが良いでしょう。
パウダー、マスカラやシャドーをうまく使ってもいいですね。

 

・・・ここで、ワンポイントアドバイス・・・

 

色の付け方ですが、(毛の量や質によって違いますが、)

 

パウダーを使う場合は、
眉毛の中間点ぐらいから眉尻側に描いて、
次に眉頭側に描きます。
このとき、パウダーを付け足さないで、一気に描きます。
すると眉頭側は濃くならずに自然な感じになりますよ。
眉頭をはっきりさせたい場合は少し付け足してください。
最後に、スクリューブラシで馴染ませれば完成です。
あまりやり過ぎてパウダーが落ちないように注意しましょう。

 

マスカラは、毛の流れに逆らって、毛にのせる感じで付けていきます。
次に毛の流れに沿ってブラシを動かします。
マスカラは、強く当てると地肌に付いてしまうので、
浮かし気味に動かすのがコツですよ。
最後に、スクリューブラシで馴染ませれば完成です。

 

描きながらこまめに鏡で、遠目でチェックすると失敗が少ないです。

 

6.お手入れ
普段のお手入れは「2」と「5」だけで十分だと思います。
ペンシルや、シャドー、マスカラでラインに沿って、描いてゆきます。

 

カットなどのお手入れは、むだ毛が伸びたら、お休みの日にゆっくりやればよいのではないでしょうか。